大阪府公立学校事務研究会 本文へジャンプ
会長挨拶
     大阪府公立学校事務研究会            会長 細野 重幸


 大阪府公立学校事務研究会のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

 

本会は府内研究会相互の連携と協力のもと、学校事務の研究と会員の資質向上をはかり、学校事務の確立と学校教育の発展に寄与することを目的に19928月に設立されました。大阪府内の公立小中学校、市立特別支援学校に勤務する学校事務職員で組織する研究団体で、@学校事務の研究、A研修について、B加盟研究会との連携の3つの事業を行っています。

今年度も過日の総会で承認されました事業計画に基づき、「大阪の共同実施」についての研究・考察、研究大会・研修講座の開催等を重点に取り組みを行っていきます。

 

今、社会情勢の変化はめまぐるしく、学校を取り巻く環境も刻々と変わっていきます。このような中、学校はあらゆる変化に対応できる運営をめざしていかなければなりません。私たち学校事務職員も学校の課題を的確にとらえ、主体的な行動によって学校経営担い、「私たちの力が学校を変える」「学校事務職員の力が発揮できれば間違いなく学校が変わる」という信念を持ち、教育活動の質の向上につとめなければならないと考えています。

大阪の教育の行方、課題、制度などを勘案しながら府事研としてしなければならないことをしっかり見据え研究活動を行っていきたいと考えます。

 

これからも、府事研の組織・事業・活動等を充実させ、加盟研究会と本研究会の一層の連携と活性化をめざしていきたいと思います。今後とも皆様の変わらぬご支援ご協力をお願いいたします。